人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2018/01/09

ハローワークへの大卒等の求人公開日 4月1日に前倒し

 年が明け、そろそろ2019年度入社の新卒採用のスケジュールを立てる時期になりましたが、今回、ハローワークでの2019年度の大卒等の求人の取扱いが変更となりました。今後、求人の申込みを行う際には理解しておくことが求められることから、今回はこの変更内容をとりあげましょう。

1.大卒等予定者の就職・採用活動の開始時期
 一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)は、2015年12月に「採用選考に関する指針」を改定(2017年4月に同様の内容にて再度改定)し、広報活動および選考活動の開始時期は、以下のようになっています。

・広報活動:卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降
・選考活動:卒業・修了年度の6月1日以降

 これはあくまでも経団連が出した指針であり、法的な義務があるようなものではありませんが、厚生労働省でも広く周知を行っており、多くの企業が指針に合わせた採用活動を行っています。

2.今後のハローワークでの求人の取扱い
 厚生労働省でも、経団連の指針等を尊重し、ハローワークでの2019年度の大卒等の求人の取扱いについては、以下のようにしています。

・求人の受理:2月1日以降
・求人の公開:4月1日以降

 求人の公開時期を早めることで、学生にとっては業界研究を行いやすくなり、また企業にとっても学生への広報活動を有効に行うことが可能となります。ハローワークでの求人の受理が2月1日からスタートすることから、求人を出す予定がある場合は早めに準備をしたいものです。

 新卒採用は超売り手市場となっており、今後もこの状況が続くことが見込まれます。そのため、企業としては自社のアピールポイントを分析し、同業他社との違いを打ち出したり、どのようなキャリア形成ができるのか伝えることができるようにして、優秀な人材の獲得につなげていきましょう。

■参考リンク
厚生労働省「大学等卒業・修了予定者の就職・採用活動時期について」
一般社団法人 日本経済団体連合会「採用選考に関する指針」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。

   

   リンク集 

   プライバシーポリシー 

   お客様の声 

お問合せ
特定社会保険労務士
磯野 宏 (いその ひろし)



ご経営者の最高のパートナーとして、御社の成長をサポートいたします。

主な資格
  • 特定社会保険労務士
    (紛争解決手続代理者)
  • ファイナンシャルプランナー
    (AFP、2級FP技能士)
  • 第1種衛生管理者
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所
    (全国社会保険労務士会連合会認定00138号)
  • アスベスト診断士
所属団体等
  • 全国社会保険労務士会連合会
    登録番号 34850003
  • 広島県県社会保険労務士会 三原支部
    会員番号  3416069
  • 労働保険事務組合
    (広島SR経営労務センター)
  • 労働保険事務組合三原市歯科医師会(事務局担当)
  • 三原商工会議所、東広島商工会議所