総務担当者のための今月のお仕事カレンダー
総務担当者のための今月のお仕事カレンダー


日付 1ヶ月の所定
4月10日(火)
一括有期事業開始届(建設業)届出
■参考リンク:厚生労働省「労働保険関係各種様式」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken01/yousiki.html
4月10日(火)
3月分の源泉所得税・復興特別所得税・住民税特別徴収分の納付
■参考リンク:国税庁「源泉所得税及び復興特別所得税の納付期限と納期の特例」
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2505.htm
4月16日(月)
給与支払報告に係る給与所得者異動届の提出
5月1日(月)
3月分健康保険・厚生年金保険料の支払
■参考リンク:日本年金機構「保険料と総報酬制について」
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/hoshu/20140714.html
5月1日(月)
労働者死傷病報告書の提出(休業4日未満の1月〜3月の労災事故について報告)
■参考リンク:厚生労働省「労働災害が発生したとき」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousai/index.html

[トピックス]
[1]雇用保険料率
 平成30年度の雇用保険料率は、平成29年度から変更ありません。
                   保険料率   事業主負担率 被保険者負担率
一般の事業           1000分の 9  1000分の 6  1000分の 3
農林水産・清酒製造の事業  1000分の11  1000分の 7  1000分の 4
建設の事業            1000分の12  1000分の 8  1000分の 4
■参考リンク:厚生労働省「平成30年度の雇用保険料率について」

[2]労災保険料率の改定
 平成30年4月より労災保険料率が改定され、全54業種平均で0.2/1000の引下げ( 4.7/1000 → 4.5/1000 )となります。
■参考リンク:厚生労働省「労災保険料算出に用いる労災保険率の改定等を行います」

[3]国民年金保険料の引き下げ
 平成30年4月より国民年金保険料が150円引き下げられ、月額16,340円となります。
■参考リンク:厚生労働省「平成30年度の年金額改定についてお知らせします」

[4]健康保険料率および介護保険料率の変更
 平成30年度の協会けんぽの健康保険料率及び介護保険料率は、3月分(4月納付分)からの適用となります。
■参考リンク:協会けんぽ「平成30年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます」

[今月のアクション]
[1]労働者名簿の調製
 新年度が始まりましたので、労働者名簿を調製する必要があります。退職者については退職日と退職事由を記入し、入社した者については新たに作成します。また、この労働者名簿は、退職の日から3年間保存しておくことになっています。

[2]年次有給休暇の付与(4月1日付けで一斉付与の場合)
 4月1日付けで年次有給休暇を一斉に付与している場合は、勤続年数に応じた日数の付与を行いましょう。

戻る



   

   リンク集 

   プライバシーポリシー 

   お客様の声 

お問合せ
特定社会保険労務士
磯野 宏 (いその ひろし)



ご経営者の最高のパートナーとして、御社の成長をサポートいたします。

主な資格
  • 特定社会保険労務士
    (紛争解決手続代理者)
  • ファイナンシャルプランナー
    (AFP、2級FP技能士)
  • 第1種衛生管理者
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所
    (全国社会保険労務士会連合会認定00138号)
  • アスベスト診断士
所属団体等
  • 全国社会保険労務士会連合会
    登録番号 34850003
  • 広島県県社会保険労務士会 三原支部
    会員番号  3416069
  • 労働保険事務組合
    (広島SR経営労務センター)
  • 労働保険事務組合三原市歯科医師会(事務局担当)
  • 三原商工会議所、東広島商工会議所